組合について

協同組合コラボスポット(ⒸCollabo Spot、略称:CCS)は、令和元年12月長野県知事より認可を受け県内中小企業を中心に設立された異業種交流協同組合です。
近年は、少子化の問題に伴い団塊世代の定年離職により、技術者や労働人口の激減は浮き彫りになっております。
従って、国内における中小企業にとって、人材&雇用という問題に追われ、今後ますます大きくなることが予想されます。
更に、この問題は単なる中小企業の悩み事に留まらず、日本全国の今までの職場や生活など社会全般にまで影響を及ぼす課題になるだろうと予測しております。
此処で、弊組合は二つの方向からこれらの課題の解決策を模索することにしました。
先ずは、確実に人材を確保し、同時に国際貢献にも寄与できる「外国人技能実習生受入制度」と「特定技能制度」を活用した新たな雇用対策をご提案しております。
次は、組合の名称のように皆が協力できる場を徐々に創り、共に発展できるスポット(場所)を作り上げることです。独りぼっちでモノを考える枠を崩し、大中小企業を問わず民間の力でお仕事上のトラブルや経営或いは新製品開発などあらゆる面での協力が必要な時に、いつでも相談ができ、また、各企業の力を出して共同研究開発など、伴に調和できるスポットに、即ち、みんなが必要となる接点を共に創りあげることでもあります。
この世の中には、発明されてそのままになっている技術やある時期に盛大に生まれ時を経て冷めてしまったり、ほったらかされてあるモノが沢山存在していると思います。
コラボスポットはそれを考えています。
できれば皆様もこの機会に入会し一緒に考える仲間になってほしい・・・。                            CCS一同